次世代の社員教育ができるeラーニングシステム|最新クラウド管理

男性

人件費を削減できる

笑顔の男性

会社の勤怠管理に関する業務は複雑であり、手間も掛かるため管理に携わる社員に大きな負担が掛けられるでしょう。会社で働く人の業務形態はさまざまであり、正社員以外にも簡単な業務をパートや派遣社員に行なわせているところも多くあるでしょう。業務形態の違いにより、シフトの状況や勤務時間も変わってくるうえ、病欠などによって休まれた場合の報告や給与計算も行なわなければならないので、たくさんの社員を擁する会社では勤怠管理を行なう社員を数人体制で雇っていることでしょう。しかしながら、直接会社の利益にかかわらない業務に関して、人件費を出すことに抵抗を覚える人もいるでしょう。余計なコストはできるだけ省きたいとするのは、経営者ならば当然の考えといえます。そういった会社におすすめできるのが、クラウド型の勤怠管理システムです。導入することで、面倒な勤怠に関する管理を誰でも簡単に行なえるようになるので、管理に携わる人の人件費を大幅に減らすことができるでしょう。

クラウド型の勤怠管理システムでは、パソコン上の入力やカードでの入力により、社員一人一人の出勤と退勤時間を記録できます。従来のタイムカードでの記入に比べスムーズに入力ができる上、入力ミスも防ぐことができるでしょう。クラウドシステムによって、作成したシフト表と実際の出勤に関する情報を統合できるので、人員の過不足に関する情報も一目で把握できます。人手が足りない他部署へと人員を回すこともできれば、急遽シフト上で休みになっている人を呼び出して、働いてもらうこともできるでしょう。クラウドシステムによる情報の一元化により、業務の進捗状況も把握できるので、現在出社している人員でノルマを達成できるかも把握できるのです。さまざまな業務を統括して行なえるようになるため、導入によって少ない人数で情報管理を行なえるようになるでしょう。

Copyright© 2016 次世代の社員教育ができるeラーニングシステム|最新クラウド管理 All Rights Reserved.